• ホーム
  • オーリスタットと他のダイエット薬の併用は?

オーリスタットと他のダイエット薬の併用は?

お腹の脂肪を気にする男性

オーリスタットは小腸で働く脂肪分解酵素リパーゼの働きを抑制することのできる医薬品成分で、これを含んだ医薬品がゼニカル、またそのジェネリック医薬品であるオルリガルという肥満治療薬として販売されています。
残念ながら日本では未認可となっているため、一部の美容外科で自由診療によって購入する以外は個人輸入でしか入手することはできません。
しかし、海外ではすでに多くの国が承認しており、世界各国で肥満治療の医薬品として処方されています。

オーリスタットの作用は食事によって体内に取り込まれた脂肪分を、より吸収しやすくするため、リパーゼと呼ばれる酵素が脂肪を分解をするのですが、その働きを阻害することで吸収できるほどの大きさにせず、そのまま便として排泄させる仕組みとなっています。
およそ30%の脂肪分が排泄され、脂質の吸収が少なくなることで食事制限をせずともダイエットができるようになっています。
また、これまでのダイエット薬のように、自律神経に作用するものではないので、精神が不安定になるなどの副作用の心配がないのが強みです。
ダイエットとして期待できるのが脂質のみということで、糖質などは通常通り吸収されることになります。

そこで、サノレックスなどの食欲抑制剤と併用すると、大きく食事を制限してダイエットに大きな効果を生むことが可能です。
ただし、併用すると酷い副作用が起こる可能性があるため、併用する際は医師に相談してから行うのが一般的です。
例えばアカルボースという糖質吸収抑制剤と併用すると、命の危険はありませんが、異常な下痢の作用があらわれるので仕事や学校に行けなくなる、行けたとしてもトイレに籠もることになります。
オーリスタット単体でも下痢が起こりやすいので、併用する際は使用する薬剤に注意しなくてはいけません。

他にも注意事項がいくつかあるので服用前には必ず確認しましょう。

・抗がん剤の1種シクロスポリンと併用しないでください。
・抗凝固薬ワーファリンと併用しないでください。
・低用量ピルとの併用は避けてください。
・抗てんかん薬と併用しないでください。
・オルリガルを服用すると、脂溶性ビタミンの吸収量が低下する為、就寝前にビタミン剤を摂取する事が推奨されます。
・妊娠中、授乳中の服用出来ません。
・胆汁分泌障害、吸収不良症候群、肝機能障害の方は服用出来ません。
・糖尿病の方はオルリガルを服用する前に医師に相談して下さい。

引用元:オルリガルの通販:単品10,980円【まとめ買い50%割引】ネット総合病院

飲み合わせが不安という方は病院で医師に相談しましょう。